胸下のぽっこりお腹!このお肉どうすれば消える?

胸下のぽっこりお腹!このお肉どうすれば消える?

お腹のお肉、どうにかならないものでしょうか。

ぽっこりお腹に悩む私ですが、実は胸下からぽっこりお腹なんです。

まるで妊婦のようなお腹をしています。

もともと、ぽっちゃり体型で、どんなにダイエットをしても、お腹だけはぽっこりしていたので諦めの気持ちもありますが、胸下からのぽっこりは、本当に悩みます。

服を着ていても、チュニック等で隠そうとしてもダメです。

先日、主人に冗談交じりに「(お腹に)赤ちゃんいるの?」と言われて、冗談ということはわかっていますが、正直ショックでした。

最近の体型の変化に自分でもなんとかしないとマズイと思っていた矢先のことなので、ショックでした。

エレベーターとかお店のエスカレーターとか全身が写る鏡などで、自分と前後の人が同時に見られる時などにチラッと見てみると私はうごく身体に厚みがあり、今は冬でコートを着ていることで着太りかなとも思うのですが、そうではありません。

このお腹なんとかしたいです。

原因や対策を調べてみました。

まず太る理由は、運動をしなくなり代謝力も低下するからです。

年齢とともにエネルギーを消費かる行為が衰えてきます。

同じ行動をしても若い時と年齢を重ねた今とではエネルギーの消費がされません。

ですから若い時と同じ量を食事を摂っていると脂肪が溜まってしまい太るのですね。

ただ気になることは、全身が太るのではなく胸の下が太る理由は姿勢の悪さもあるようです。

いわゆる猫背がクセになっていて、姿勢が悪いことが肥満の原因と言われています。

ですから、やはり猫背をやめることが大切ということがわかりました。

上半身を真っ直ぐに戻すことを意識すると良いです。

またブラジャーのサイズが合っていない場合も原因と言われています。

昼間のブラジャーも大切ですが、夜もナイトブラを使うと良いです。

次に胸下の筋肉を鍛えることも大切です。

内容は、腹筋運動です。

でも腹筋運動って辛いですよね。

そのような場合、身体を伸ばした状態で上半身だけ起こし、その時に手を足先に近づけるように行うという方法もあるので、試してみてください。

この時、大切なことは行っている最中に呼吸を忘れずにすることです。

息をゆっくり吸って、ゆっくり吐くという動作が必須になります。

腕立て伏せも良いですよ。

大胸筋の強化に適しています。

ここまで、筋トレを紹介しました。

筋肉量が増えると体重は増えます。

筋肉は脂肪よりも重いからです。

でも筋肉量が増えると引き締まるので、見た目は痩せてくるかなと思うのですが、なかなか難しい場合もあります。

そこで「プロシア8」を紹介します。

体重減少と体型ダウンに至った臨床試験の結果もあります。

運動と食事の管理とプロシア8の組み合わせで、より良い変化が実感できると言われていますよ。

プロシア8だけでも痩せたという方もたくさんいます。

りんごのプロシアニジンB2とオリーブのオレアノール酸という2つの成分がサポートしてくれます。

公式サイトからスターターキットで始めると、かなりお安く購入できるので、私も早速購入して取り入れてみようと思います。

プロシア8(エイト)の評価レビュー!口コミ効果で噂の内臓脂肪減少は本当?

u