糀肌(こうじはだ)クリームと珠肌ランシェルの違いを比べてみた!どう選ぶ?

糀肌(こうじはだ)クリームと珠肌ランシェルの違いを比べてみた!どう選ぶ?

エイジングサインが気になるという方、たくさんいると思います。

個人差はあると思いますが、年齢とともに肌になんらかの悩みは増えてきます。

私も、ここ数年どんどんシミやシワが増えてきています。

少し前までは、こんなことで悩んでいなかったのに、自慢の肌だったのに、どうして???とショックが隠し切れません。

若い頃から、あまりお手入れをしていなかったズボラな私ですが、その頃は本当に肌に悩みがなくて職場の先輩にも肌がキレイで羨ましいと言ってもらっていたほどです。

かなり辛口な先輩が褒めてくれていたので、自他ともに認める肌だったのだと思い自慢の肌でした。

でも過去の話です。

今となってはメイクをしないとゴミ捨てにも出られないほどになってしまいました。

本気で対策をしないとならないと思い調べてみると、2つのオールインワンジェルを知りました。

「糀肌(こうじはだ)クリーム」と「珠肌ランシェル」です。

人気が高いですが、よくオールインワンアイテムって物足りなさを感じるという声も聞きますが、この2つについてはどうなのでしょう。

調べてみると、いくつも重ねてつけるスキンケアよりもオールインワンアイテムの方が肌への負担も少なく、その力もしっかりあるので人気が高いようですよ。

では、それぞれの特徴等を紹介したいと思います。

◆まず、糀肌(こうじはだ)クリームです。

ロート製薬から販売されています。

信頼度が高いですね。

潤い力がとても優秀なオールインワンアイテムになります。

白糀コメエキスが入っているクリームで、最適な肌の環境を守るタンパク質のコントロールにピッタリな成分として選ばれて入っています。

天然由来の保湿成分になります。

潤いだけでなく、肌のバリア機能をアップさせる力も優れています。

紫外線によるダメージからも肌をしっかり守ってくれますよ。

シミ予防、そして潤いを与えてくれることから、健康な肌状態に導いてくれる特徴のあるアイテムです。
ロート製薬の糀肌(こうじはだ)の口コミ効果を評価!潤いハリアップの噂は本当?

◆続いて珠肌ランシェルです。

このアイテムの大きな特徴は、卵殻膜に宿る酵素のLOXです。

卵殻膜には、たっぷりの栄養素が含まれており、そこに宿る酵素のLOXは、角質層のバリア機能を整え保護する成分として知られています。

他には、セレプロンも入っています。

これらの成分の働きによってシワ対策にもシミ対策にもなり、肌に良い変化を実感できるアイテムです。
珠肌(たまはだ)ランシェルの口コミ効果を評価!ハリアップの噂は本当?

◆さて、どちらかを購入するか迷うところです。

糀肌(こうじはだ)クリームは白糀コメエキスが入っていて、珠肌ランシェルは、卵殻膜LOX酵素が入っている点が、それぞれの大きな特徴です。

どちらも人気があるので、素敵な商品なのだと思いますが、自分の肌との相性があると思うので、より自分に合う方をみつけて継続して取り入れることが良いと思います。

まずは気になる方かせ試してみると良いかもしれませんね。

白糀コメエキスを実感したい人は、糀肌(こうじはだ)クリームをどうぞ。
⇩⇩糀肌(こうじはだ)クリーム公式サイトはこちら!

【糀肌】

卵殻膜LOX酵素を実感したい人は、珠肌ランシェルをどうぞ。
⇩⇩珠肌ランシェル公式サイトはこちら!



珠肌ランシェル

us