ケノンでもニキビ部分のムダ毛処理はできない?

ケノンでもニキビ部分のムダ毛処理はできない?

家庭用の脱毛器で人気のケノンですが、ニキビができている箇所のムダ毛処理はできるのでしょうか。

答えは「できません」。

その理由をお話していきますね。

家庭用の脱毛器で人気のケノンには、美顔機能のある付属カートリッジがついていて、これが素晴らしいのです。

脱毛で使う光を活用してエステ並みの美顔のためのお手入れができることで大人気です。

話題になっていますよ。

この美顔のための機能は、ニキビのできている肌にも使えると言われています。

ケノンのフォトフェイシャル効果

では、ケノンの脱毛の機能ではニキビができている箇所にも使って良いのかということですが、答えはできませんということを冒頭でもお答えしました。

これはケノンに限った話ではありません。

脱毛サロン等でも、ニキビができている肌には刺激を与えられないので、基本的にそのような時は施術をしません。

もちろん自分の家でシェーバーや毛抜き等を使って剃ったり抜いたりということも避けた方が良いですよ。

理由は、サロン等で施術をしないことと同じでニキビができている場足、刺激を与えない方が良いからです。

それでも、その状態で脱毛したり剃ったりすると、肌にダメージを与えてしまうことになるので、ニキビができている部分が悪化するリスクが高まります。

気を付けてくださいね。

では、どうしたら良いのでしょうか。

まずはニキビを改善することを優先してください。

肌のバリア機能が低くなっているとニキビができやすくなります。

大切なこと、まず行うことは正しい洗浄を優しく行うこと、保湿をきちんとして肌を健康な状態にしていきましょう。

食事にも気を付けてください。

脂質や糖質、珈琲やチョコなど刺激物になるものは控え、規則正しい生活習慣、そして適度な運動をすることも大切です。

ニキビを改善するアイテムもありますし、それらを使うのも悪くはありませんが、食事や生活習慣の改善と運動をすることで、ニキビ改善アイテムを使うだけより早く改善するかもしれません。

しかしニキビができているからと言って、その部分全体の脱毛ができないのも困ることもありますよね。

そのような時は例外として方法はあります。

軽度のニキビで、数が少ない場合は、その箇所だけ光を通さないように専用の保護シールを使うことで、他の部分の脱毛は可能になります。

本当は、無理に脱毛はしないでニキビを改善させることを優先してくださいね。

自分では何をしてもニキビが改善されない場合は、皮膚科など受診することも大切です。

治療を受けると、キレイに早く治る可能性が高まりますよ。

炎症が治まれば、ケノンの美顔機で肌の改善を促進することができます。

できてしまったニキビの跡やシミ、色素沈着等、ケノンの美顔機能を使うことで改善することが期待できます。

自分で家でいつでもエステと同様のお手入れができるのですから、ぜひ試してみたいですね。

家庭用ムダ毛処理機器の人気ナンバーワンのケノン。

ぜひ公式サイトもご覧になってみてくださいね。

公式サイト↓
脱毛器ケノン

hU