寒暖差で赤ら顔になるのは改善できる?

寒暖差で赤ら顔になるのは改善できる?

冬など寒いときに、外から暖かい室内に入ったときなどに、顔が赤くなるという方は多いと思います。

私も、その一人で、外から室内に入ったときはもちろん、室内の暖房の温度によっても赤くなることがよくあります。

時々、顔が真っ赤になって熱であるのでは?と周りから心配されたこともあるほどです。

さて、寒いところから暖かい場所へ移動したときに顔が赤くなるのは、寒いときに収縮していた血管が急に暖かくなることで元の状態に戻ろうと拡張するからです。

寒暖差により顔が赤くなることは、角質層の厚みや肌の機能の働きの違いにより、赤くなる人とならない人がいます。

角質層に一定の厚みがあり、肌機能が正常に働いていて健やかな状態であれば、寒暖差により顔が赤く見えることはありません。

また、肌の機能として水分を角質表面まで引き下げる力が正常に働いていないと、その力は低下してしまいます。

その力が低下していると、皮膚温度を鎮静させることができないので顔に赤みが出てしまうのですね。

ですらか、寒暖差によって顔が赤くなる人は、肌が弱い、または敏感肌であるなどと言えます。

改善策として、敏感肌や肌が弱いという点を改善して健やかな肌へとすることです。

そのために行うこととしては、保湿効果が高いスキンケア商品を使って保湿ケアをしっかり行うことや、サプリメントで体の中から働きかけることが大切です。

オススメは「カルグルト」です。

カルグルトは、赤ら顔改善に効果的と好評です。

その理由は、乳酸菌抽出物「FK23菌抽出物」が配合されているからです。

即効性はないと思いますので、改善されるまでの応急処置として、マフラーやマスクなどを利用して寒い場所でも顔を冷やしすぎないように防寒対策をしたり、顔が冷えてしまったときは、暖かい場所へ移動する前に手のひらで頬を包んで少し温めてあげたりすると効果的です。

カルグルトの口コミと赤ら顔肌荒れ改善効果

us