顔の片側だけが肌荒れでカサカサになる!どうすれば?

顔の片側だけが肌荒れでカサカサになる!どうすれば?

あなたは、顔の片側だけが肌荒れしてカサカサになるということで悩んだことがありますか?

肌荒れって、左右均等に起こるものと思っていましたが、たまに片側だけが荒れること私もあります。

どういうことなのでしょうか?

きちんと保湿もしているし、お手入れしているつもりですが、何故か片方だけカサカサするんですよね。

反対側は、お手入れの成果があってか、元気な状態です。

こういう悩み、私だけかと思っていたのですが、調べてみると意外と同じような悩みを抱えている方が多いことを知り安心しました。

私だけではなく、多くの人が同じ悩みがあるということは、何か原因があるということですよね。

そこで調べてみました。

どうやら、肌荒れする片側だけ強い刺激を受けているのではないかということがわかりました。

例えば、職場や学校で窓際に座っていることが多く、左側に窓がある場合、左半分だけ紫外線が強く降り注ぎダメージを受けます。

車の運転を長時間する方の場合、右側からの紫外線を長時間浴びることになりますよね。

それが原因となって、左側だけ・右側だけというように、片側だけカサカサしたりシミができやすくなってしまうのです。

確かに、普通に道を歩いていても、太陽の位置により紫外線っていつも必ず真正面から浴びるわけではありませんよね。

それが会社や学校など長時間過ごす場で片方だけ浴び続けると、肌へのダメージも大きくなることに納得です。

あるテレビで見たのですが、右利きが多いから文字が書きやすいように多くの学校は左側に窓があり、その左側というのは南向きが多いそうです。

1日を通して陽が入り、明るいし健康的ですが、紫外線という面で考えると肌へのダメージは大きそうですね。

対策ですが、席が変えられるようでしたら、それが良いと思いますが、それが難しい場合は、お肌に優しい無添加の石鹸で落とせる日焼け止めクリームなどを朝塗り、1日の間で塗りなおすようにすると良いです。

紫外線だけでなく他にも原因はあります。

それは片方だけ手で触るクセがある方、それも肌にとって刺激となります。

また顔を洗う時、片方だけ無意識ながらも力が入ったり、拭く時も片方だけ力が入ったりすると、それも刺激となり肌荒れの原因になります。

寝るときに横向きになることも片方だけ枕に肌がついているので刺激になります。

このように挙げてみると顔という1つの部位でも常に左右均等ではないのですね。

対策として、生活習慣の見直しです。

席替えやクセなどですね。

他に、普段のお手入れでも対策ができます。

肌荒れしやすい方を少しだけお手入れを強化してみてください。

強化しすぎると、それは逆効果になるので、ほんの気持ち強化という程度にしてくださいね。

保湿力が高いアイテムとしてオススメは無添加で100%天然素材の「みんなの肌潤糖」です。

皮膚のバリア機能を回復してくれて、潤う肌に導いてくれます。

保水性もアップするので化粧水の吸収もよくなり潤います。
みんなの肌潤糖の販売店と通販で安くお得な値段で購入する方法

石鹸や化粧品も無添加のものを選ぶようにしましょう。

食事も大切です。

ビタミンやミネラルが豊富な野菜をメインとしバリン素の良い食事を心掛けてください。

Hs