髪を染める事と美肌や健康との関連

髪を染める事と美肌や健康との関連についてです。

もっと軽くてオシャレな茶髪にしたいな〜と
若いときに始めてから、
いよいよ私も白髪染めか・・・と
ヘアカラーが自宅でできたり身近になって、
けっこう長い間やり続けている方も多くなりました。

しかし、最近『経皮毒』とか
『ジアミンアレルギー』などといわれる問題点も
多く取り上げられるようになりました。

髪を染めるには、ヘアカラーリング剤
というものを使用します。

2つの薬剤(染料としてジアミンなどと
脱色剤として過酸化水素水を使用)を
混ぜ合わせて効果を発揮させることで、
脱色しつつ染料が髪の中に浸透して髪の内部を染めます。

ジアミンとは、染料に含まれるパラフェニレンジアミンのことで、
これを使う事によって少量の色素で
濃く発色する事ができ、またいろいろな色調を
簡単に作ることが可能です。

しかし、ジアミンはアレルギーのある人に
アナフィラキシー(急性のショック症状で非常に危険)が
起こるだけでなく、アレルギーの無い人にも
皮膚障害・ぜんそく・肝臓障害・リンパ腫等の
被害が多く報告されているようです。

また、過酸化水素水とは、オキシドールのことで、
脱色剤・酸化剤・漂白剤・漂白殺菌剤として使われる
ものです。

こちらも強いとヒリヒリして、
皮膚粘膜にただれやアレルギーを引き起こしたりします。

まず、脱色することで髪のたんぱく質ケラチンを
破壊するので、髪そのものが傷みます。

そして短時間に髪の中に浸透することでもわかるように、
頭皮も同じダメージを受け、また頭皮から
体内に浸透します。

頭皮は毛細血管が発達していますので、
結果的に毛細血管に入って全身を
駆け巡るということになります。

いったん体内に入った毒素は、
残留しやすいのでお肌や健康にとっても
とても悪影響を及ぼす可能性があります。

ですから髪を染めるときは
無害な染料で染めるほうが美肌や健康には安心なのです。

★例えば白髪染めで無添加で安心だと人気なのは
くろめヘアカラートリートメントです。
やさしく艶染め「くろめヘアカラートリートメント」