酵母の働き

酵母の働きについてです。

酵母の働きは、体内に入ると、食べ物に含まれる糖を
アルコールと炭酸ガスに分解して分裂、成長します。
この状態を発酵と呼びます。

酵母の発酵のおかげで、お酒や味噌や
パンなどを作ることができるんです。

例えば、以前、天然酵母パンを作っていましたが
小麦の糖質をパン酵母が分解して、
アルコールと炭酸ガスができるので
その炭酸ガスのおかげでパン生地がふくらむわけです。
アルコール分は焼くと飛んで消えるから
大丈夫です。

パンを焼いていると少しお酒っぽい香りが
すると思っていましたが、それが
アルコールが飛んでいた香りかなって
思いましたよ^^

そして酵母には、ビタミンB郡、ミネラル、食物繊維に
必須アミノ酸などを含みます。
栄養たっぷりですね。
だから、料理にも少し加えると
美味しさと栄養も増すそうです。

酵母パワーかな^^

酵母は、体にいいからと摂りすぎると
便が柔らかくなってしまうこともあるので
要注意です。

そういえば、ケーフィアは
乳酸菌だけでなく酵母も含んでいます。

ケーフィアも以前、毎日作っていました^^
食べ過ぎるとおなかがゆるくなっていましたよ。

なお、生きている酵母を食べると
腸内に生きたまま届くのがいいところですね。
腸内で食事をした分の糖分などを分解するので
ダイエットに効果があるんです。

酵母の効果は、他にもいろいろありますが
酵素を作りだしますから、
免疫力のアップが大きいです。
疲労回復効果や、安眠できるようになったり
エイジングケア、若返り効果もあります。
整腸作用もあるので、便秘改善や下痢改善になります。

酵母についての実験や調べたことは
こちら酵母ブログに書いていくので
興味がある方は、どうぞ。
http://koubo3.net/

次回は、酵母と乳酸菌です。

〜〜〜
以上、美肌健康ミラクル通信2012.10.8号から
本文を抜粋しています。

メールで最新版を受け取りたい方や
メールアドレスを変更したい場合は
こちらからどうぞ。
美肌健康ミラクル通信登録、変更フォーム