酵母と酵素の関係

酵母と酵素の関係についてです。

まず、酵母は、細菌(原核生物)とは違って
核をもつ真核生物で微生物なのです。

キノコやカビの仲間で有機物を利用しながら
育つ微生物が酵母なんです。

酵母は、体内に入ると小腸に定住します。
そして、食べ物に含まれる糖をアルコールと炭酸ガスに
分解して分裂、成長します。
この状態を発酵と呼びます。
発酵段階で、たくさんの酵素が生まれます。

酵母の発酵のおかげで、お酒や味噌や
パンなどを作ることができているんです。

酵母の種類も様々で、わかっているだけでも
350種類以上になります。

一方、酵素は、触媒の働きをする
タンパク質なので生き物ではないのです。

触媒の意味は、自らは変化せずに
他の物質の合成・分解・変形などの
化学変化を促進したり抑制したりすることです。

つまり、生体内の複雑な化学反応は
すべて酵素の働きと言えるのです。

タンパク質を分解してアミノ酸に変えるのも
酵素ですし、活性酸素を除去してくれるのも
酵素ですね。

生物が生きていくのに必須なのが酵素です。
体内では3000種類以上の酵素が
3000~4000兆と働いています。

人も体内でたくさんの酵素を作りだして
活用していますが、加齢や不摂生や
ストレスなどで減っていきます。

ですから、酵素を補う必要があるわけです。

私もネットで人気の酵素サプリを飲んだり
手作り酵素を作ったり
酵素をたっぷり含む野菜や果物を食べて
酵素を補っています。

そして、酵素をたっぷり含むし
どんどん生産しているのが酵母です。
つまり、酵素の母が酵母なんです^^

酵母には、今、確認されている
約3000種類の酵素すべてを
含むと言われています。
名前の通りですね。

じゃあ、酵母も、飲むといいの?と
言うと、その通りです。
酵母を飲むと、体内酵素も増えますから
美肌、健康、ダイエットに効果がでてくるわけです。

酵母は自然界にたくさんあります。
私は、パン作りのためでしたが
天然酵母をレーズンから作ったことがあります。
案外簡単にできますよ。

そのときに、できた酵母を飲んだら
シャンパンみたいでシュワシュワっとして
美味しかったのを覚えています。

手作り酵母の作り方と
天然酵母のパン種の実際の例を見たい方は
こちらをどうぞ。
天然酵母エキスとパン種の記録
懐かしい記事から抜粋して必要な部分を
書き出しています。

ただ、天然酵母パンを食べても
酵母を食べているわけではないです。
健康のためには、
酵母液のほうを飲むといいわけです。

手作り酵母も、今度は健康増進用に
作ってみようかなとも思います。

次回は、酵母の働きについてです。

〜〜〜
以上、美肌健康ミラクル通信2012.10.1号から
本文を抜粋しています。

メールで最新版を受け取りたい方や
メールアドレスを変更したい場合は
こちらからどうぞ。
美肌健康ミラクル通信登録、変更フォーム