酵母と乳酸菌の違い

酵母と乳酸菌の違いについてです。

違いですが、
酵母は真核生物です。真核生物とは
細胞の中に細胞核という構造を持つ生物のことです。
細胞内にミトコンドリアがあります。

酵母は糖を分解してアルコールと炭酸ガスを
発生します。

酵母は酵素のお母さん(素)ですから
酵母が体内で酵素として働くことで、
消化や代謝が促進されて、
太りにくい体になるので
ダイエットにも効果的です。

酵母についてはこちらのブログをどうぞ
酵母で美肌健康ダイエット

一方、乳酸菌は、原核生物で細胞核を
もっていない生物になります。

乳酸菌は、糖から乳酸を作ります。

乳酸菌は、体内では、口の中と腸で働きます。
善玉菌として働いて、便秘改善にもよくて
新陳代謝を良くしたりと
腸内環境を整えてくれます。

酵母と乳酸菌、両方の組み合わせで
さらに、健康増進に繋がります。

例えば乳酸菌革命superは、酵母と乳酸菌の
両方を含む健康食品です。
特徴やメリットは、こちらをどうぞ
乳酸菌革命superの特徴とメリット