小顔になるリンパマッサージ方法

朝起きて、鏡を見ると・・・
ダレ?っていうほどむくんでて、
昨日飲み過ぎたかな〜?
どうしよう、もう会社に行くまで時間がなーい、と
困ったことってありますよね。

そんなときにぜひ試して欲しいのが、
リンパの流れを利用したリンパマッサージ

実は、顔に残っているむくみの正体は、リンパ液。
それは本来は、鎖骨の下にある静脈角で
静脈に合流し、回収されていくべきものなのです。

前日に水分やアルコールを取り過ぎると、
寝ている間に回収しきれずに
顔にむくみが残ってしまいます。

そのむくみをリンパマッサージで流していくのです。

血流と違ってリンパの流れは
とてもゆっくりなので出口が滞っていると
流れていきません。

そこでまず始めに、
リンパ液の出口である鎖骨まわり
ホットタオルで30秒ほど温めておきます。
そして、軽くさする程度に
鎖骨の上のくぼみを手で押してあげます

そのあと、両手のひらを使って
鼻を中心に頬から耳にかけて、
両手をひろげるように軽く押し出していきます。

耳まできたら、指先で耳の上から
後ろをぐるっと押していきます。

そのまま、また手のひらで
首を包むようにしながら
下に押し下げていきます。
それを2〜3回続けると、
だいぶむくみが無くなり、
スッキリ小顔になります。

注意点は、絶対に強く押してはいけないということ。
特にまぶたは、力を加えてはいけません。

そして仕上げに、洗面台に冷水をはって
顔全体をつけて、次に温水につけてあげると、
血行も促されてよりスッキリしますよ。

*関連記事*
レビュー記事→顔のリンパマッサージの方法と図