妊婦の不眠の原因と対処方法

妊婦の不眠の原因と対処方法

女性は妊娠すると、体にさまざまな
変化が起きてきます。

お腹が大きくなるだけでなく、
つわりからくる吐き気やだるさ・腰痛・
頻尿・便秘・動悸・足のむくみや
こむらがえりなどなど・・・
本当に大変なことの連続です。

肉体的な変化だけでなく、
精神的にも不安が強くなったり、
イライラしたり泣きたくなったりもします。

妊娠初期のころは、眠くなることが多いのですが、
妊娠後期になると眠りが浅くなったり不眠になります。

このような睡眠の変化が起こるのは
どうしてでしょうか。

女性は、プロゲステロンとエストロゲンという、
ふたつの女性ホルモンを常に分泌しています。
そして、この2つのホルモンのバランスによって、
体にいろいろな変化をもたらします。

これらは、お腹の中の赤ちゃんを守るため、
ちゃんと赤ちゃんを迎えられるような生理的な変化なのです。

妊娠初期には、プロゲステロンという
ホルモンが多くなります。

プロゲステロンには体を休ませる作用があり、
夜の睡眠量が多くなります。
それだけでは不十分で、
昼間にも眠気がでてきたりします。

これは子供を生むために、
体を積極的に休ませようという自然の働きです。

排卵時期や月経前にイライラしたり
眠気やだるさを訴えるのも同じ理由からです。

一方、妊娠後期にはエストロゲンが増えてきます。
エストロゲンには、睡眠を浅くする作用があり、
夜に寝付けない睡眠障害を招いたりすることがあります。

出産後には授乳などで、ぐっすり眠ることが
できません。小刻みの睡眠で
子育てしなくてはいけませんので、
それに備える準備のためのしくみといわれています。

ですから異常ではありませんし、
ずっと続くわけでもありません。

赤ちゃんとお母さんを守るための
自然なしくみとして、
深く考えずに乗り切ることが大切でしょう。

気持ちを落ち着かせる静かな音楽に
耳を傾けたり、お部屋を暗くして
横になるだけでも大丈夫と、
ゆったりとした気分で過ごしてください

★そんなことを言っても初期から
寝付けないし睡眠が浅くて
目の下にクマができて苦しいですと
言う方もいるかもですね。
私がそうでした。不眠症で
妊娠初期から苦しんでいましたが
薬は使えないので大変でした。

そんな眠れない状態の方にぴったりなのが
ビタミンやミネラルも補給して
妊娠中の栄養も補いながら
毎日熟睡できると人気なのが
こころの青汁マインドガードです。
詳しくはこちらの記事をどうぞ。
妊娠中の不眠に、こころの青汁