合成界面活性剤や合成ポリマーで肌荒れする理由

合成界面活性剤や合成ポリマーで肌荒れする理由についてです。

お肌の奥の奥まで浸透します!
ツルツルなお肌になります!って
謳ってる化粧品あります

よね。正常な肌では、こういうことは起こりません。
『肌のバリア機能』という言葉を知っていますか?

肌のバリアゾーンは天然の脂でできています。
身体に有害なものを入れないようにするバリアです。

しかし肌の奥深くまで化粧品の有効成分を浸透させるためには、
化粧品の中に『合成界面活性剤』が、
ツルツルなお肌にさせるために『合成ポリマー』が必要なのです。

まず、界面活性剤とは、
水と油をまぜあわせる(乳化)ために
使う原料のことです。

界面活性剤は自然界にもありますが、
より効果を高めるために化学的に
作られたものを合成界面活性剤といいます。

また、乳化剤として使われるだけでなく、
洗浄剤、保湿剤、紫外線吸収剤などとしても利用します。

一方、合成ポリマーとは、
合成樹脂・合成ゴム・合成セルロースのことです。
変質しない、腐らない原料として、
化粧品に多く使われています。

少量でクリーム状にすることができ、
触り心地もべたつかないため、乳化剤として使われます。

また、ツルツルとしたなめらかな肌触りになります。
ここまでくるとお分かりかと思いますが、
『肌に浸透する』=『肌のバリアゾーンを壊す』、
そして化粧品の有効成分と謳っているものを
お肌に入れているのです。

また、『お肌がツルツルになる』=『合成ポリマーが肌の表面をラップで被う』ので、
お肌がツルツルになった気がしてしまうのです。

そもそも肌は、汗や皮脂によって
老廃物を外に出す為の排泄器官でもありますので、
逆に中に入れ込むという考え方は、
正しくないと考えられます。

そのようなバリアゾーンの破壊によって
本来の肌が持っている力も弱まり、
肌の弱い方は敏感肌やトラブル肌への道に
向かってしまうのです。

表面的には潤っているようにみえて、
実は、肌荒れの原因になっていた、
ということもあるのです。

お肌は排泄器官だからと浸透しないで
バリア機能を高める手助けをする
化粧品も出ています。美カンヌ化粧品の
ナイトリッチブルーオーラです。

化粧品や洗顔、化粧水などに何が使われているか
これから選ぶときの参考にしてみてくださいね。
そして無添加でお肌に優しい化粧品を選ぶように
意識するといいです。

私の場合は、肌のバリア機能を改善してくれる
「みんなの肌潤糖」を塗ったらお肌が元気になって
アトピーのかゆみも改善されました。
とても保湿力が高いのが特徴です。
体験記事→みんなの肌潤糖でアトピーのかゆみ改善
お肌が乾燥したり弱っているときに
マッサージすると効果的です。