クレンジングと肌荒れの関係

クレンジングと肌荒れの関係についてです。

バッチリメイクを落とすのは、
やっぱりオイルクレンジング!
ちゃんと落として化粧がお肌に残って
しまっているはずは無いのに、肌荒れが・・・。

ちょっと待った、そんなときはもしかして
クレンジングのせいで肌荒れが起きているかもしれません。

クレンジング(メイク落とし)には、
いくつか種類があります。

オイル・リキッド・ジェル・ローション・ミルク・クリームなどです。

その中で、いちばんメイクを落とせるのが
オイルです。

しかし、なぜでしょう?
もともとメイクは、油性のものです。

そのメイクを落とすには、
油分と乳化剤(界面活性剤)を合わせたもので
剥ぎ取るのがいちばん効果的です。

特に最近のメイクアップは
崩れないようにしっかり肌に密着するように
できています。

メイクしているときはありがたいのですが、
それを落とすのだから、
より強力なものでなくてはならなくなり、
結果としてますます肌への負担は大きくなるのです。

通常は、界面活性剤として、
石油系の合成界面活性剤を使用しています。
これを利用した製品は数多く、
食器用洗剤など一般的に広く
使用される洗浄剤に含まれています。

水だけでは落ちない油汚れを
界面活性剤の力により水に溶かし、
落とすことができるという仕組みです。

これにより、
さっぱり落とせる=肌荒れや乾燥肌・お肌の老化進行の原因
となっているのです。

クレンジングを見直して、
肌の基本構造を回復させない限り、
いくら保湿しても、美容液をたくさん塗っても、
決して美肌にはならないのです。

でもマスカラが落ちないから
ゴシゴシこすっちゃうのも困りもの。

そんなときは、目元だけオイルクレンジングを使用し、
あとはミルククレンジングなどの低刺激のものを
使用するなど使い分けたほうがいいです。

無添加のもので肌荒れしない
自分に合ったものを見つけて使用してみて下さいね。

★なお、私がメイクした時に愛用している
ミルククレンジングはオラクル化粧品の
メイク落としです。お試しセットにも入っていますよ。
オラクルの力を、まずは一週間ご実感ください
無添加でお肌に優しくて、その上
メイクもしっかり落ちるので
すごく助かっています。
体験→オラクル化粧品のメイク落としの体験