ぽっこりおなかを改善する運動とマッサージ

そろそろ薄着になってきて、気になるのがぽっこりおなか!

最近は、前だけでなく脇にも浮き輪のような肉が・・・。

そんな私がテレビで見て、わらにもすがるつもりで
実践し始めたのが、ぽっこりおなかを
へこませるというエクササイズ、その名も『ドローイン』!

もともと客室乗務員さんの間で
実践されてきたとあれば、なかなかの説得力では・・・と
やってみたら、かんたんなのに
3日後には浮き輪が・・・ちょっとしぼんできたー!

そこでその『ドローイン』の方法をお伝えします。

まず、へこんでいるか確認するために
おなかに手をあてた姿勢で、
息をゆっくり吐いておなかを
しっかりへこませます。

息を吐くのは、おなかをしっかり
へこませた状態をつくるため。
へこませた後は、呼吸は止めず、
おなかをへこませた状態を30秒間保ちます。
ただこれだけです。

『ドローイン』ではおなかの一番奥にある
腹横筋(ふくおうきん)が鍛えられます。

腹横筋は、腹直筋、腹斜筋の下にある
インナーマッスルで背中の筋肉につながっています。
いわば、まさに自然のコルセット!

腰痛に悩んでいる人にもお奨めです。
この腹横筋を鍛えれば、コルセットで締めつけるように
おなかがへこんでいきます。
そして、あわせてやってみて欲しいのが、
腸マッサージ』。おへその周りを
右から左(時計回り)に、ゆっくり10回マッサージします。
腸の蠕動運動を助けてくれるので、
便秘もスッキリ解消されて、ますますおなかがへこみます

★ドローインを試したけれど
なかなかぽっこりおなかが改善しないよという時は
骨盤ウォーキングベルトを試してみてください。
骨盤のゆがみが原因でぽっこりお腹になっていたり
腰回りが大きくなっている場合は
エストを細くして太ももやお尻を小さくすると人気です。
レビュー記事→骨盤ウォーカーベルトで下半身ダイエット