きれいな白い歯や口臭予防になる生活習慣

きれいな白い歯や口臭予防になる生活習慣についてです。

いつまでも白い歯でいたいのに・・・
どうして歯って黄色くなってくるの?

これには、原因がいくつかあります。
まず、加齢や粗い研磨剤の使用により、
表面のエナメル質が削れて薄くなり、
黄色い象牙質が透けて歯が黄色くなったように見えてきます。

これ以外は、着色や変色によるものとなります。

コーヒー・紅茶・ウーロン茶・
赤ワイン・コーラなどの飲み物による着色、
カレー・ソース・醤油・ケチャップ・
ベリー類・キムチなどの食べ物による着色、
たばこや薬品、神経が無い歯なども原因となります。

ホワイトニングやマスキングで
白い歯になる方法もありますが、
生活習慣で改善できるものもあります。

それを助けてくれるのが『唾液』です。
唾液には、口の中を清潔に保つ抗菌作用や、
のどの粘膜を保護するなど様々な働きがあります。

『ドライマウス』という言葉を聞いたことが
あると思いますが、唾液の量が減少して
口の中が乾くと着色しやすくなります。

また、細菌が繁殖して虫歯や歯周病を引き起こし、
口臭の原因にもなるといわれています。

まず、口呼吸になっている人は
鼻呼吸に治しましょう。

そして、唾液の分泌を促すためには、
よく噛む工夫をしましょう。
まず、食べ物を大きめに切ること。

大きめに切ると、自然に噛む回数は増えます。
食べやすく小さめより大きめを、
また薄めよりも厚めを意識してみましょう。

そして、食物繊維の多いものを食べること。
根菜や豆類、乾物のように食物繊維の多い
食べ物を積極的に食べましょう。

また玄米・発芽玄米・雑穀など
未精製の穀類もおすすめです。
味付けは、薄味にすること。
濃い味は、早食いのもとです。
薄味にして、素材の味を確かめるように食べると、
自然と噛む回数が増えます。

生活習慣病予防のためにも、
糖分・塩分控えめの食事を心がけるのはよいことです。

★そしてハミガキも十分に注意したいです。
私がいろいろ使ってみて白い歯になって
口臭もしないのでお気に入りなのが
製薬会社が作ったオーラパールです。
公式サイト→薬用ホワイトニング歯磨き「オーラパール」
実際に歯の美容と健康に役立っていますので
使った体験をこちらで書いています。
体験記事→オーラパール(OraPearl)で白い歯と健康な歯茎になって口臭改善
DSC_0576